02≪ 2012/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-22 (Thu)
ずっとブログを書けずにいました・・・。
悩んでいたのです。
どうするべきか・・・。

決めました。今年から辞めます!ミホノブルボンの見学を・・・。
実家の牧場に入ったということはこの名馬も管理していくことになります。父母にとってブルボンは宝です☆
自分たちの夢を叶えてくれた馬ですものね。
もちろん私も幼いながら、この馬のおかげでいい思い出が沢山あります。


父の想い、母の想いを考えれば、ずっとファンの方に見てもらい、触れ合いと・・・なかなかできないことを今までどおりするべきなのだと思いますが、最近、ファンの方のマナーが大変悪いように感じています。
ファンの方も【慣れ】が生じてくる方がいます。

牧場側に断わりもなく勝手に入ってきて、勝手に帰る・・・。
これならまだ許せますが、馬入れの最中に勝手に入ってきて、キャーキャー騒いで帰る・・・。

正直、不愉快です。


私たちスマイルファームは大切なオーナー様たちの馬を預託しています。
もし、怪我でもしたらどうするのでしょうか?
自分たちのことしか考えていないように感じます。

素敵なファンの方もいるんです☆
しかし、忙しくきちんと対応もできません。
父母と親しくなった方は多々います。その方たちでもう十分なのではないか・・・と、主人と相談し悩み決意しました。
父は悲しい顔をしましたが、娘の私としては、父のような寛大な心は今の状態ではもてません。

やはり、自分たちの牧場に、挨拶なしで勝手に入ってくるのはいい気持ちしません。
何事も一言ってとっても大切だと思いますし、常識だと思います。

また、ブルボンの管理も私たちにとっては苦しいものがあります。
ブルボンは功労馬です。
この先、お金はうみません。
月々の餌代に藁代・・・私たちにはそんな力・余裕は正直ないのです。やりたいことが沢山あるのですから。
これから、どんどん年を重ねていく訳ですから、もしも!医療費となると保険も入れませんから莫大な費用がかかります。そのときの資金も払えるか??

ブルボン基金・・・立ち上げようかと考えています。


暗い話になりましたが、ずっと悩んで決めたことです。

そんなふうに悩んでいたさなか、プリミエさんの仔☆誕生しています♪
また紹介しますね!!
お楽しみに~~^^
スポンサーサイト
* Category : 私事
* Comment : (19) * Trackback : (1) |

* by シンコウ
ご無沙汰してます。
マナーが悪いのはダメですね、人様の敷地に立ち入るんですから…。

ミホノブルボン * by 茶々丸
坂路の申し子ブルボン、競馬観を変えてくれた数少
ない一頭です。東京競馬場で2度観戦しました。
不謹慎ですが、東京の初戦では「しこたま馬券を
貼付けました」。
もちろん「ダービー」でも!!

* by ぐっさん大佐
ご無沙汰してます

種牡馬や功労馬の見学って、牧場関係者の善意のおかげで出来ていると思っています

それを弁えないマナーの悪い輩が増えているのは残念です

見学が出来なくなるのは残念ですが、牧場の方や馬への負担や迷惑が大きいのであれば仕方ないと思います

残念ですが * by ぶるぼん(小出)
ミホノブルボンの見学ができなくなってしまったのは残念ですが、牧場関係者の負担を考えれば仕方のないことですね。
それにしても一時期よりはブームも沈静化し、牧場めぐり系の本も発行されなくなったので、マナーも改善されたとばかり思っていましたが、やはりダメでしたか……。
僕も競馬の仕事とは疎遠になって、北海道へ取材へ行く機会もなくなってしまい、なかなか逢いに行けなかったので心苦しい次第ですが、ブルボン基金をぜひ立ち上げてください。微力ですが支援させていただければと思います。

ブルボン基金 * by ぶるぼん(中屋)
陽子さん、こちらではお久しぶりになります。
競走馬のふるさと案内所の方でも確認しましたが
ミホノブルボンの見学は正式に中止になったのですね。
多くの方に見学をと考えておられた原口さんにとっては
残念な事だったと思いますが、
何か事故があってからでは遅いますので
これで良かったのかなとも思います。

しかしマナー違反はいけまんせんよね、
他の方もおっしゃっていましたが
牧場の方のご好意での見学ですから。

ブルボン基金の件ですが、
土佐黒潮牧場(http://intaiba.exblog.jp/)では里親を募集されて
その会費から功労馬たちが余生を過ごしているようです。
参考になるか分かりませんが、一度ご覧ください。
あと私も少しですがお力になれればと思います。
詳細が決まればお教え下さい。

最後になりましたが、今年は寒さが長期に渡っております。
広樹さん、陽子さん、ご家族のみなさま、
お体には十分にお気をつけてください。

* by ぶー子ちゃん
はじめてコメントさせていただきます。
ブルボンがお家へ帰ってからほぼ毎年会わせていただきありがとうございました。
お父様、お母様にはお忙しい時間を割いて応対していただき大変感謝しております。
ブルボンは立派な一戸建てのお家に住んで皆様の愛を一身に受け幸せなお馬さんです。
全国にはそんなブルボンが大好きなファンがたくさんいるはずです。
これからどんどん年をとり病気やけがの心配もおありでしょう。
高齢馬故、お世話も大変でしょう。
「ブルボン基金」発足されたなら必ず協力させていただきます。
どうかどうかブルボンの事、宜しくお願いいたします。

お久しぶりです。 * by ともたん
コメント久しぶりになりますが、こちらのブログで初めて知りました…
ミホノブルボンの見学はもう出来なくなってしまったんですね…

確かに、今まで好意で見せていただいていたのですから仕方のない事ですよね。
マナーは大事ですよね。
見学中止になる前に、最後に会いたかった…などと自分勝手な気持ちもありますが…迷惑になったらいけませんし…。


ブルボン基金、立ち上げる際は少しでも協力出来たら…と思います。

ご両親の寛大さに感謝いたします。
ミホノブルボン号始め皆様の幸せを祈っております。

あれま * by らぬたひこざ
遠き空より
微力ながら応援したく

基金詳細できたならば
連絡くださいな?

* by ピュー太
お久しぶりです。
ここ3年間毎年ブルボンに会いに行かせてもらってました。
私にとって一番好きな馬で、また戸山調教師の本は今でも自分の人生観にとても大きな影響を頂いてます。
なので大好きなブルボンに会わせてくれる機会を作って頂いたことにまずありがとうございましたとお伝え頂ければと思います。
会えなくなるのは残念ですが、ブルボンにとっても、お父様お母様にとっても、それがベストの環境であれば仕方のないことですね~
10年以上前はいろんな牧場でも見学ができてたのが、ファンのマナーが悪く年々見学禁止となる牧場が増えてるのは、見れなくなるのがではなくて同じ競馬ファンとして残念ですね。

* by ぽち
こんにちは。随分ご無沙汰しています。下田です。

もしよかったら私にブルボン基金を担当させてもらえないでしょうか?

毎年ブルボンには楽しい思い出をつくらせてもらって、人一倍ブルボンに対する気持ちは強く長いと自負しています。原口さんを始め、皆様にせめての恩返しができれば私自身も幸せです。

いつでもお声かけてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。